講談社文庫<br> うなドン―南の楽園にょろり旅

個数:
電子版価格 ¥699
  • 電書あり

講談社文庫
うなドン―南の楽園にょろり旅

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年06月29日 16時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 375p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062775915
  • NDC分類 297.5

内容説明

東大研究チームがウナギの遺伝子解析のために収集した標本は、全種類制覇まであと一種類。そこへ、ドイツと台湾の研究チームも標本を集め始めたとの緊急情報が。先を越されれば成果はゼロだ。慌てて飛び込んだ南の楽園タヒチで待っていたものは?世界的発見を成し遂げた“うなぎバカ”たちのサバイバル冒険記。

目次

高く跳べ―にょろり旅TAKE1
うなドン―南の楽園にょろり旅
ちょっと海までにょろり旅

著者紹介

青山潤[アオヤマジュン]
1967年、横浜市生まれ。東京大学農学生命科学研究科、博士課程修了。東京大学海洋研究所にて塚本勝巳教授の下でウナギの研究に携わる。2006年には同研究所によって、ニホンウナギの産卵場所がほぼ特定され、世界的な注目を集めた。’07年に『アフリカにょろり旅』で第23回講談社エッセイ賞を受賞。’08年より海洋アライアンス連携分野特任准教授。2009年には卵の採取に成功。現在もウナギ生態の解明のため世界洋上を駆け回る日々が続く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界的発見をしたのは、こんな「うなぎバカ」たちだった!東大研究チームのサバイバル・うなぎ採集、熱い冒険譚。

世界的発見をしたのは、こんな「うなぎバカ」たちだった!
東大研究チームのサバイバル・うなぎ採集旅行記
遺伝子解析のために収集した標本は、全種制覇まであと一種類。そこへ、ドイツと台湾の研究チームも標本を集め始めたとの緊急情報。先を越されれば成果はゼロだ。慌てて飛び込んだタヒチで待っていたものは!
「史上初! 卵みつけた」2011年2/2新聞各紙で大々的報道! ――研究員が綴る熱い冒険譚

博士号を取ろうと思ったら、勝つしかないんだよ!
ニホンウナギの産卵場を突き止めた塚本教授率いる東大研究チーム。次のミッションは、「世界中のウナギすべて」を集め、その進化の道筋を解明すること。しかし、これまで地球上に生息するウナギ全18種類の採集に成功した者はいない。少ない予算を極限まで切り詰め、前人未踏の自然科学の頂きをめざす。脳みそを揺さぶるような感動を求めて、いざ自然界の奥地へ!

高く飛べ にょろり旅TAKE1
うなドン 南の楽園にょろり旅
ちょっと海までにょろり旅

【著者紹介】
1967年、横浜市生まれ。東京大学農学生命科学研究科、博士課程修了。その後、東京大学海洋研究所に所属し、塚本勝巳教授の下でウナギの研究に携わる。2006年には同研究所の手によって、日本のウナギの産卵場所がほぼ特定され、世界的な注目を集めた。2008年より海洋アライアンス連携分野特任准教授。2007年に『アフリカにょろり旅』で第23回講談社エッセイ賞を受賞。現在もウナギ生態の解明のため世界を駆け回る日々が続く。