講談社文庫
代議士秘書―永田町、笑っちゃうけどホントの話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062730952
  • NDC分類 310.4
  • Cコード C0195

内容説明

代議士の出世は秘書しだい。選挙では獅子奮迅の活躍、わが先生が当選すれば陳情を巧みにさばく。予算の分捕り、就職あっせん…。永田町には政・官・民の底なしの欲望が渦を巻く。自民党の顔、小泉純一郎と共に三十年、辣腕を謳われる男が明かす、面白うてやがて哀しきニッポン政治。

目次

第1章 新聞、テレビではわからない永田町の素顔
第2章 選挙は日本でできる唯一の戦争だ
第3章 秘書はあらゆることを知っていなければならない
第4章 暇な先生のパフォーマンスにだまされるな
第5章 大臣への道

著者紹介

飯島勲[イイジマイサオ]
昭和20年長野県辰野町に生まれる。47年小泉純一郎の初当選とともに、その秘書となる。竹下内閣、宇野内閣で厚生大臣秘書官。宮沢内閣で郵政大臣秘書官、第2次・第3次橋本内閣で厚生大臣秘書官。元自由民主党秘書会副会長。永年秘書衆議院議長表彰を受ける。現在、小泉純一郎政策担当秘書官