講談社選書メチエ<br> 浜口雄幸と永田鉄山

個数:
電子版価格 ¥1,674
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
浜口雄幸と永田鉄山

  • 川田 稔【著】
  • 価格 ¥1,836(本体¥1,700)
  • 講談社(2009/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 34pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 07時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584364
  • NDC分類 312.1

内容説明

第一次世界大戦の未曾有の惨禍は日本指導層に甚大な衝撃をもたらした。もはや進むべき道は国際協調以外にないと対中融和を含む協調路線に賭けた浜口。最終戦争は必至と満蒙・華北領有を含む軍中心の総力戦体制の構築を計った永田。ともにテロに斃れた二人の国家存亡を巡る究極の対立を描く。

目次

第1章 田中義一政友会内閣と民政党総裁浜口雄幸(戦前政党政治の展開;対中国政策をめぐる対立と国際環境;構造改革と議会中心主義)
第2章 浜口内閣期の外交と内政(国際協調と対中融和政策;産業構成の高度化とセーフティ・ネット;海軍軍縮条約問題と浜口の遭難)
第3章 構想の相克(永田鉄山と陸軍中堅幕僚グループ;国家総力戦;国際連盟;中国認識)
第4章 満州事変と永田鉄山(事変前夜;柳条湖事件;北満・錦州攻略と独立国家樹立方針;五・一五事件と熱河作戦)
第5章 統制派と皇道派―陸軍派閥抗争(省部首脳会議;隊付青年将校の国家改造運動;陸軍パンフレットと華北分離工作)

著者紹介

川田稔[カワダミノル]
1947年生まれ。名古屋大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、名古屋大学大学院環境学研究科教授。法学博士。専門は、政治外交史・政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)