講談社選書メチエ<br> 戦場に舞ったビラ―伝単で読み直す太平洋戦争

電子版価格 ¥1,674
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
戦場に舞ったビラ―伝単で読み直す太平洋戦争

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583848
  • NDC分類 210.75

内容説明

「死戦を越えて誤戦となり」、「日海空軍は何処へ行つたのだらうか」、「日本降伏せり」―。太平洋戦争で撒かれた無数の伝単=宣伝ビラ。ビルマで、フィリピンで、沖縄で兵士は伝単に何を思ったか?日米「情報戦」の実態を分析しつつ、兵それぞれにとっての「戦争」を明らかにする。

目次

第1章 「蒋介石最後的運命到了」―日中戦争
第2章 「馬鹿共眼ヲ醒マセ」―日本の進撃と米軍の反攻
第3章 “ISLAND OF DECEIT”―ニューギニアの戦い
第4章 「身ヲモッテ太平洋ノ防波堤タラン」―マリアナ諸島の失陥
第5章 「死戦を越えて誤戦となる」―ビルマ
第6章 「来る日の悶へ」―フィリピン戦1
第7章 「砲弾悪魔の如く将君達を見出して殺す」―フィリピン戦2
第8章 「日本が老人と女子供ばかりの国となってもよいか」―本土空襲・沖縄
第9章 「大東亜戦争は遂に終了致しました」―敗戦の諸相

著者紹介

一ノ瀬俊也[イチノセトシヤ]
1971年、福岡県生まれ。九州大学文学部卒業、同大学大学院比較社会文化研究科博士課程中退。博士(比較社会文化)。現在、国立歴史民俗博物館助手(2007年4月より助教)。専攻は日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)