シューマンの指

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 314p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062163446
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。鮮やかな手さばきで奏でる“書き下ろし”長篇小説。

著者等紹介

奥泉光[オクイズミヒカル]
1956年、山形県生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。現在、近畿大学教授。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、1994年「石の来歴」で芥川賞受賞。2009年『神器 軍艦「橿原」殺人事件』で野間文芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生誕200年シューマンに捧げるミステリ。
天才美少年ピアニスト、彼に焦がれる音大受験生、未解決殺人事件、シューマンの楽曲の謎――。野間文芸賞受賞後初、鮮やかな手さばきで書き下ろした本格音楽小説。