四十でがんになってから

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062125673
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

がんになったのだ。胸の中でつぶやく。私の人生は、大きく組み立て直さなければならなくなったな、と。告知の日に自分に許した、唯一の「感慨」である。二〇〇一年十月。四十歳になっていた。女、四十、ひとりで頑張ってきた。がんだって乗り越えて、のんびりほんわか奮闘記。

目次

四十歳で、がんになる
まだ死にません
仕事のし方も考えどころ
もしかして乳がん?
噂のマンモグラフィ
日帰りで手術を受ける
がん美人説を追う
張り切ってボランティア
実家の一大事!
がん年齢、親は高齢〔ほか〕

著者等紹介

岸本葉子[キシモトヨウコ]
61年鎌倉市生まれ。エッセイスト。東京大学卒業後、生命保険会社勤務を経て、86年中国北京外国語学院に留学。2001年10月に虫垂がんの手術を受け、その経験を綴った『がんから始まる』(晶文社)を2003年に、次いで精神科医との共著『がんと心』(同)を発表した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤瀬こうたろー

5
私もそろそろアラフォーなので読んでみました。著者の岸本さんは和食中心のジャンクフードとは無縁の食生活で、おおよそストレスを溜めない生活をしていたにも関わらずがんになったそうで、がんというと食生活めちゃめちゃ睡眠リズムぐちゃぐちゃの企業戦士がなるイメージを持っていた私には衝撃でした。読んでみて改めてがんというのは原因がわからず、だけどなってしまったら向き合わなければいけない病気なんだな、と痛感しました。著者の岸本さんは手術から10年以上経った今も健在であり、その事にも敬服。2014/01/15

ヒロリーナ

2
この本を読んで癌になるった人は心の指針となる本をやはり探すんだなって思いました、内容はテーマによってきちんと分けられてるので気になる所だけでも読めます、読書セラピーというテーマが一番胸に響きました また彼女の本を読んでみたいと思います 2012/01/30

ねええちゃんvol.2

0
★★2012/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566321
  • ご注意事項