心理戦の勝者―歴史が教える65の絶対法則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 14X20cm
  • 商品コード 9784062106115
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0095

内容説明

歴史は人が作り、人はいつの時代も必ず「心の法則」に支配される。古代から現在まで、歴史に隠された人間の“こころ”の真実を、現代心理学が今、解き明かす。

目次

序章 人間不変の「心の法則」に心理戦必勝の極意あり
第1章 「交渉・戦」の勝者編
第2章 「組織」の勝者編
第3章 「人心掌握」の勝者編
第4章 「人間関係・ビジネス」の勝者編
第5章 「演説・説得」の勝者編
終章 歴史が教える心理法則65

著者等紹介

内藤誼人[ナイトウヨシヒト]
慶応義塾大学社会学研究科修士課程修了。専門は、説得的コミュニケーション学。心理学、経営学、行動科学など幅広い研究領域に興味・関心を持っている。日本社会心理学会会員。経営行動科学学会会員。著書に、『心理戦で絶対に負けない本』(共著、アスペクト)などがある

伊東明[イトウアキラ]
心理学者(博士)。早稲田大学卒業後、NTT(株)勤務を経て、慶応義塾大学大学院修了。現在、東京心理コンサルティング代表取締役社長および(株)ウィル・シード顧問。「理論と実践」のビジネス心理学を中心に積極的な活動を展開している。『心理戦で絶対に負けない本』(共著、アスペクト)、『聞く技術が人を動かす』(光文社)他著書多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みたらし

12
歴史から心理を学ぶ。われわれは他人の知識によって物知りになれるにしても、知恵者になるには自分自身の知恵によってである(モンテーニュ)。状況を的確にとらえていない者は、なんでもかんでも集めたがる。自分の頭で情報を処理し、それを知恵にする努力が絶対に必要である。2016/07/09

B.J.

6
●音楽の重要性 →ミネアポリス郵便局において、夜勤者の局員たちの眠気覚ましにと音楽を流したところ、郵便物の区分エラーが減少。 ●労働者にちょっとした決定権を与えると、生産性があがり、欠勤が減るという。 ●孔子は言った。 :まずその人の行動を観察し、ついでその人の行動の動機を調べ、さらにその人がその行為に安んじているかどうかをさぐる。 →この3つをやれば、必ずその人物の本音が見えてくる。 ・・・本文より2020/02/24

Takeshi K

1
◎日本人には複数のリーダーが良いに◎2012/07/30

は た さ わ

0
歴史的な場面ででくる人物の心理を分析して、その心理の差が勝敗を分けた!という形に持っていく書籍。珍しい形の切り口なので非常に面白かったと記憶している。2014/10/17

takehiro

0
歴史を学ぶことは心理学を学ぶこと。なるほど〜2012/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/300474

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。