日本人のこころ〈3〉

  • ポイントキャンペーン

日本人のこころ〈3〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062105071
  • NDC分類 914.6

内容説明

信仰の共和国・金沢、生と死の結界・大和。こころが熱くなるような原日本人の豊かな生き方が、ここにある。

目次

「情」を「こころ」と読むとき
第1部 信仰を絆にした民衆の共和国(「百姓ノ持タル国」の出現;「悪」とされた一向一揆の真実;革命都市としての金沢)
第2部 “風の王国”の世界(聖と俗が交錯する大和の闇;大和をめぐる謎;親鸞と太子信仰と水平社運動)

著者紹介

五木寛之[イツキヒロユキ]
1932年9月福岡県に生まれる。戦後北朝鮮より引き揚げたのち、早稲田大学文学部露文科に学び、その後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で第6回小説現代新人賞、67年、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、76年『青春の門筑豊編』ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。81年より一時休筆して京都龍谷大学に学んだが、のち文壇に復帰