• ポイントキャンペーン

南極大陸単独横断行

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062104302
  • NDC分類 297.9

内容説明

世界初!両極単独横断に成功!夢は実現するためにある。99日間、3824キロ単独行の全記録。第4回植村直己冒険賞受賞。

目次

第1章 大冒険行の準備(人類の宿題;下見で分かったこと ほか)
第2章 クレバス帯を越えて(オランダの南極横断チーム;「ブルーワン」がスタート地点 ほか)
第3章 白い大陸の素顔(冒険行の「秘密兵器」;オシッコ用の水筒 ほか)
第4章 南極に学ぶ(私はアムンゼンが好き;セーリング中の失敗 ほか)
第5章 大いなる決断(大きな誤算;南極横断行のタイムリミット ほか)

著者紹介

大場満郎[オオバミツロウ]
1953年山形県最上町満沢にて農家の長男として生まれる。1973年家業の農業を父から引き継ぐ。1982年冒険旅行を兼ねてアマゾン河6000kmを筏で下り、アマゾン周域の農業を視察。1985年グリーンランド西海岸1400km単独歩行。1986年北磁極往復900km単独歩行。出発到着基地レゾリュート。1987年カナダ北極圏2000km単独徒歩行。1989年冬期シベリア、カトウニ川徒歩行。1994年ロシアからカナダへの北極海単独徒歩横断挑戦(第1回)。1995年北極海単独徒歩横断挑戦(第2回)1996年北極海単独徒歩横断挑戦(第3回)1997年北極海単独徒歩横断挑戦、北極点を通過してカナダ側へ到着、成功。1999年南極大陸単独徒歩横断挑戦、南極点を通過して海岸線付近へ至り成功(両極単独歩行横断を果たしたのは世界でただ一人)。2001年4月から山形県最上町で冒険学校を本格的に始動させる。著書には『地球は俺らのステージだ』(徳間書店)『北極の日本晴れ』(光文社)『約束』(アスペクト)『極限に挑む男の遺書』(MOKU出版)『笑って死ねる人生がいい』(集英社インターナショナル)などがある