小説を考える―変転する時代のなかで

  • ポイントキャンペーン

小説を考える―変転する時代のなかで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784062054980
  • NDC分類 910.26

内容説明

今なぜこういう小説が書かれるのか。優れた文学作品を通して、現代人の心底で進む地殻変動を分析し、小説の成り立つ根拠を鮮やかに解明する。

目次

現代家庭小説考―黒井千次『群棲』をめぐって
都市の書かせる物語―日野啓三『夢の島』をめぐって
あの青空を遠く離れて―高井有一『この国の空』をめぐって
エロスの中心と周辺―田久保英夫『海図』をめぐって
根拠地の思想―大江健三郎『懐かしい年への手紙』をめぐって
地の果ての向うには…―中上健次『地の果て至上の時』をめぐって
迷宮のなかをヒトは歩く―富岡多恵子『逆髪』をめぐって
鳥たちの行方―大庭みな子『啼く鳥の』をめぐって
終りからのメッセージ―村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』をめぐって