講談社文庫<br> 日本の中の朝鮮文化〈10〉筑前・筑後・豊前・豊後

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
日本の中の朝鮮文化〈10〉筑前・筑後・豊前・豊後

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061855311
  • NDC分類 210.3

内容説明

九州北部は古代朝鮮と同一文化圏であり、日本文化発祥の地でもあった。福岡・大分の各地に残る朝鮮文化の足跡をさぐる。飯盛遺跡や宇佐八幡宮から見出された資料は何を語るのか。さらに国東半島の石仏を踏査するにつれ、謎の渡来ルートに新しい光があてられる。真実の古代史像を求め快調に進む歴史紀行。

目次

筑前・筑後(那津・奴国のあけぼの;地名にみられる関係;加耶から北部九州へ;飯盛遺跡をたずねる;「王墓か」について ほか)
豊前・豊後(遠賀川を渡って;田川郡の香春へ;秦氏族と豊国=韓国;京都平野の古墳と山城;大分市からの手紙 ほか)