心に響くあの人のことば 第2期〈3〉世界の舞台で活躍する。

個数:

心に響くあの人のことば 第2期〈3〉世界の舞台で活躍する。

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 43p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784055008150
  • NDC分類 K159
  • Cコード C8323

内容説明

何かを成し遂げた人々が残した名言を、エピソードとともに紹介。

目次

本田圭佑―「まだまだ、もっと貪欲にいくよ」
太田雄貴―「才能がなくても戦術を煮詰めていけば、世界で勝てる」
利根川進―「何をやるかではなく、何をやらないかが大切だ」
石川遼―「未知の世界に足を踏み入れたら、もう未知ではない」
三宅一生―「壊すのではなくつくることへ、美や喜びを喚起してくれるものへ目を向けようとしてきました」
駒野友一―「失宅は失敗。だけど、またPKの場面があれば迷わず蹴りにいく」
野茂英雄―「挑戦せずして成功はありません。何度も言いますが挑戦しないことには始まらないのです」
小林可夢偉―「引くのも行くのも、迷っていたらダメ。それは人生もおんなじやと思います」
若田光一―「リスク以上に我々は宇宙に行って得るものがある」
クルム伊達公子―「自分がどこまでできるのか、自分自身で見てみたいという気持ちのほうが強かった」〔ほか〕

著者紹介

押谷由夫[オシタニヨシオ]
昭和女子大学教授・日本道徳教育学会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)