• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国争覇伝〈2〉吉継、孤高の策謀

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 258p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054036284
  • NDC分類 913.6

内容説明

慶長3(1598)年。全国に張り巡らせた謀略を一気に発動し、確実に天下を引き寄せた徳川家康。自ら率いる5万が東海道を、息子・秀忠率いる5万が中山道を、それぞれ西へと侵攻を始めた。これに対し、崩壊しかけている豊臣の世をたった1人で支える前田利家は、自らの死期を悟り、ただ家康の首だけを狙いにいく常識を超えた策を起案。清洲で家康軍を待ち受けていた宇喜多勢3万を、伊勢へと向けた。一方、豊臣家の安泰のため独り暗躍する大谷吉継は、天下取りの鍵となる豊臣秀頼を守るため密かに動き出した―。家康に傾きつつある天下の行方を止めることは、果たしてできるのか!?天下取りに必要な玉(秀頼)を手にするのは誰か!?本格歴史シミュレーション。

著者紹介

久住隈苅[クスミイカリ]
東京都生まれ。『桶狭間合戦録』で第8回歴史群像大賞佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)