• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
異戦 大坂の陣〈4〉天竜大決戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054035515
  • NDC分類 913.6

内容説明

豊臣勢は伊勢から大坂へと通じる大和街道の要衝・桑名城を松平忠明率いる徳川勢に強襲されたが、守将・真田幸村の采配により、膠着状態にもちこんだ。東海道を進む徳川家康は、大坂城から豊臣勢を引きずり出し、得意の野戦を仕掛けるべく、自らを釣り餌と成す。家康の思惑を見抜いた真田昌幸は、それを逆手に取って、自軍に有利な地へ家康を誘き出そうと画策する。戦国を生き抜いた二人の古豪が、生涯の知略を注ぎ込んで激突。日の本を二つに分けた争いは、いよいよ最終段階を迎える。

著者紹介

中里融司[ナカザトユウジ]
1957年、東京都生まれ。武蔵大学経済学部卒業。1996年、学研・歴史群像大賞優秀賞、メディアワークス・電撃ゲーム小説大賞銀賞をほぼ同時に受賞。以後、精力的に執筆活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)