• ポイントキャンペーン

学研新書
読書通―知の巨人に出会う愉しみ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054034549
  • NDC分類 281.04

内容説明

その名は耳遠いながらも、近現代日本の知の世界を築いた十二人の著作家たち。その抜きん出た業績を、今改めて問う。

目次

中村幸彦―マクロな視座と博学宏識で抜きん出た近世文学研究の巨人
木村毅―明治の文学・文化史に精通した孤高の著作家
天野敬太郎―実見主義を貫き前人未到の書誌総覧を完成させた怪物
矢代幸雄―世界標準、実物主義の「美術遍歴」を経た泰斗
小野玄妙―仏像と大乗仏教の源流を探り当てた碩学
石川準吉―日本近代史研究に必須『国家総動員史』を執筆・自費出版
瀧川政次郎―日本人の持つべき歴史観を著した法学者
市川本太郎―還暦を越え日本の儒学史を展望する大著を完成
岩本裕―「日本文化を浮彫にする仏教語辞典」を作った偉業の主
大橋武夫―兵書を実生活、人生に生かす法を説いた元陸軍中佐
上田辰之助―経済学の奇書『蜂の寓話』を理解させる「案内人」

著者紹介

谷沢永一[タニザワエイイチ]
1929年、大阪府生まれ。関西大学大学院博士課程修了。現在関西大学名誉教授。専門は、書誌学、近代日本文学。サントリー学芸賞(『完本 紙つぶて』)、読売文学賞(『文豪たちの大喧嘩』)、毎日書評賞(『紙つぶて自作自注最終版』)ほか受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)