• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
旭日の傭兵団―謀略!カナダ侵攻1948

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 226p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054033580
  • NDC分類 913.6

内容説明

ヒトラーの死後、新政権のもとで対米融和を進めるドイツ。しかしナチス残党を中心とする守旧勢力は、政権転覆を狙い、北米大陸で限定的な侵攻作戦を開始する。その陰謀の背後には、第2次大戦後の新たな世界秩序に対する各国の思惑が渦巻いていた。カナダに現れた“侵攻軍”は、駆逐戦闘重機械「マンムート」を擁し、カナダ軍戦車部隊を壊滅。アメリカ軍に対しては、放射性物質による攻撃すら躊躇しない。一方日本では、「マンムート」を撃破可能な新型戦闘車両の開発が進んでいた。その名は七試TD。成形炸薬弾の破壊力を遙かに凌駕する高速噴進弾の威力をもって、鋼鉄の戦象「マンムート」を狙う。核攻撃の惨禍に見舞われたカナダの大地を舞台に、巨大な「マンムート」と小兵「七試TD」の死闘の幕が開く。

著者紹介

陰山琢磨[カゲヤマタクマ]
1963年兵庫県生まれ。軍事マニア(専門はAFV)を経て、1997年に架空戦記『大反撃一式砲戦車隊』(飛天出版)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)