• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国の勇者〈2〉三方ヶ原大決戦!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 248p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054032910
  • NDC分類 913.6

内容説明

織田信長と信忠を同時に謀殺し、徳川家康をその首謀者に仕立て上げた真田昌幸は、混乱に乗じて怒涛の進撃を開始し、甲斐・信濃のほとんどを手中に収めた。信長の死を知った秀吉は、仇討ちと称して中国から大返しを行い、小牧長久手で家康と激突する。秀吉は勝利をほぼ確信するが、その背後から迫り来る新たな軍勢の陰があった。一方、昌幸は家康が秀吉と血戦を繰り広げている間に、浜松を奪うために小諸から出陣する。そして、ついに真田と徳川の両軍は、三方ヶ原で決戦の火蓋を切った。本多平八郎、前田慶次郎、雑賀孫一、そして島左近が加わった真田軍団は、幸村考案の新兵器と最強の火器を武器に、徳川勢を散々に翻弄する。果たして昌幸は、宿敵・家康を打ち倒すことができるのか!?本格戦国シミュレーション。

著者紹介

津野田幸作[ツノダコウサク]
1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院にて集中治療を専門とする。その間、歴史分野に新しい境地を見い出し、執筆活動に入る。著書に『戦国大乱・全17巻』(歴史群像大賞奨励賞受賞作・歴史群像新書)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)