歴史群像新書<br> 覇戦〈2〉天下の行方

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
覇戦〈2〉天下の行方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 220p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054032545
  • NDC分類 913.6

内容説明

小牧・長久手で徳川家康を打ち破ったものの、続く蒲郡の戦いで敗戦をこうむった羽柴秀吉は、大坂にしりぞいて次の策を練った。秀吉の後継者候補である羽柴秀勝のもとに、本能寺の変の真相を知る人物から、ある情報がもたらされる。家康への対抗策を講じ、関白の地位を狙うため、近衛前久の猶子になることを決意する秀吉。だが、上洛した秀吉を陰謀が襲う。一方、瀬戸の海では、長宗我部元親の水軍と、黒田官兵衛率いる羽柴勢との海戦の火蓋が切って落とされようとしていた。

著者紹介

仲路さとる[ナカジサトル]
1959年、北海道檜山郡に生まれる。1994年、『異 戦国志』で第一回歴史群像大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)