• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国の勇者〈1〉真田軍団強襲す!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054032101
  • NDC分類 913.6

内容説明

天正十年三月、織田信長はついに武田家を滅ぼし、天下をほぼ手中に納めた。得意の絶頂にある信長は、諏訪から岐阜に帰国する際、徳川家康の領地を通ることを決意する。だが、そんな信長の慢心を、見逃さない男がいた。勇将・真田安房守昌幸である。昌幸は二男幸村と共に、真田忍を使ってある鬼謀を実行に移す。それは、三河で信長を暗殺するという恐るべき仕掛けであった。この昌幸の謀計によって、暗殺の首謀者に仕立て上げられた徳川家康は、未曾有の窮地に陥る。一方、信長の死を岡山で知った秀吉は、家康を討つべく中国から大返しを敢行した。その混乱に乗じて、昌幸は天下に名乗りを上げ、信濃・甲斐を切り取るべく怒涛の進軍を開始する!果たして天下の趨勢は如何に。

著者紹介

津野田幸作[ツノダコウサク]
1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院にて集中治療を専門とする。その間、歴史分野に新しい境地を見い出し、執筆活動に入る。著書に『戦国大乱・全17巻』(歴史群像大賞奨励賞受賞作・歴史群像新書)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)