歴史群像新書<br> 戦国将星伝〈3〉武士の本懐

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国将星伝〈3〉武士の本懐

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054031326
  • NDC分類 913.6

内容説明

大坂城から徳川家康を追い出した島左近であるが、城内は黒田如水に牛耳られ、左近は冷遇の憂き目に遭う。しかし、諸将からの人気はおおいがたく、如水は左近を徳川討伐軍の先鋒に当たらせた。朝廷から正式な綸旨が発せられ、「朝敵」となってしまった家康は、堅城と名高い大垣城に入城し、巻き返しを計る。策略に知嚢を絞る徳川首脳陣のもとに、結城秀康が東国衆をまとめ西上中との報が入り、狂喜乱舞する家康。しかしそれは、秀康に全面的な信頼をおけない家康にとって、諸刃の剣となった。主命を果たすべく起ち上がった左近の、最後の戦いの幕があがる。

著者紹介

吉本健二[ヨシモトケンジ]
1967年、和歌山県に生まれる。東京大学文学部博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)