• ポイントキャンペーン

ソフィーがいたころ―人間の少年と育ったチンパンジー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 397p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048981620
  • NDC分類 489.9

内容説明

“愛娘”ソフィーの愛らしくユーモラスな姿をあたたかな視線で描く一方、密猟や自然環境の破壊など野生のチンパンジーがさらされている厳しい現実を真摯な筆で描く。「家族」と「自然」を見つめた感動の動物メモアール。

目次

第1部 シュロップシャーの片田舎で(育児の予行演習;野生動物保護の最前線 ほか)
第2部 みなしごとして(動物園での暮らし;ふたたびコンゴへ ほか)
第3部 いにしえの故郷へ(悪夢の終わり;コンゴ熱 ほか)
第4部 サンクチュアリへ(あらたな仲間と;群れのなかでの暮らし ほか)

著者紹介

スミス,ヴィンス[スミス,ヴィンス][Smith,Vince]
1959年、英国生まれ。ロンドンでブリティッシュ・テレコムに勤務した後、かねてからの夢だった田舎暮らしを実現するため、メドータウンという小さな町に妻とともに移り住む。幼少の頃から動物が好きだったことから、チェスター動物園に就職。母親から育児放棄されたチンパンジーのソフィーを引きとったことを機に、チンパンジーの保護・育成に積極的に取り組むようになり、コンゴ共和国ブラザヴィルや、ケニアの保護施設(サンクチュアリ)で活動に従事する。現在は、ダイアン・フォッシー・ゴリラ基金に参加し、ルワンダでゴリラの保護活動に携わっている

奥村章子[オクムラアキコ]
青山学院大学文学部英米文学科卒、英米文学翻訳家