秋月記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048739214
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

筑前の小藩・秋月藩で、専横を極める家老・宮崎織部への不満が高まっていた。間小四郎は、志を同じくする仲間の藩士たちとともに糾弾に立ち上がり、本藩・福岡藩の援助を得てその排除に成功する。藩政の刷新に情熱を傾けようとする小四郎だったが、家老失脚の背後には福岡藩の策謀があった。藩財政は破綻寸前にあり、いつしか仲間との絆も揺らぎ始めて、小四郎はひとり、捨て石となる決意を固めるが―。いま最も注目を集める新鋭が放つ、いぶし銀の傑作。

著者等紹介

葉室麟[ハムロリン]
1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年、「乾山晩愁」で第二九回歴史文学賞を受賞しデビュー。07年、『銀漢の賦』で第一四回松本清張賞を受賞、多くの書評に取り上げられるなど、絶賛を浴びた。いま最も注目を集める時代小説作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

各紙誌で絶賛!
時代小説界に、さわやかな風が吹いた──島内景二氏(共同通信 配信)
小四郎のような政治家が現代にいないのは残念──末國善己氏(週刊現代 3月14日号)
感動と静謐に満ちた傑作──縄田一男氏(日本経済新聞 2月18日夕刊エンジョイ読書欄)