• ポイントキャンペーン

灼夜

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 345p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048738583
  • NDC分類 913.6

内容説明

成績も柔道もぱっとしない中学生の森本篤は、団地で母と二人暮らし。夏休みを目前に控え、彼は自分の境遇に嫌気がさしていた。その思いがつのり、江戸川近くの神社で仔犬と遊んでいた子供をつい苛めてしまう。翌日も同じ子供を見つけた篤は再び鬱憤を晴らそうとするが、リーホワという中国人の美少女に見つかり殴られる羽目に。だがその夜、リーホワが篤の前に突然現れ、彼が苛めた子供・フェイがいなくなったことを告げた―。在日中国人の誘拐騒動に巻き込まれた中学生・アツシ。マフィアの暗躍、不法滞在者の実態、巧妙な地下銀行の手口…。日本社会に巣くう“底知れぬ闇”を知ったとき、14歳の少年がとった行動とは?中国人裏社会を描破したクライム・ロードノベル。

著者紹介

永瀬隼介[ナガセシュンスケ]
1960年鹿児島県生まれ。週刊誌記者を経てフリーとなり、祝康成の名で事件ノンフィクションを中心に活躍し、単行本『真相はこれだ!「昭和」8大事件を撃つ』などを刊行。2000年、永瀬隼介名義で初の小説『サイレント・ボーダー』を発表し、小説家デビュー。事件現場で培われた取材力をいかし、骨太のサスペンス、警察小説、犯罪小説を描き注目を浴びる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)