イタリア幻想曲―貴賓室の怪人〈2〉

個数:

イタリア幻想曲―貴賓室の怪人〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 344p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048735285
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

学生時代に欧州を旅した浅見光彦の兄・陽一郎は、大理石の街カッラーラ近郊で一人の日本人青年と出会った。だが数日後、この青年は事故で死亡してしまう。それから三十年、同じ街で光彦が出会った初老の日本人画家も、やはり数日後に死体となって発見された。異郷の地でともに過激派組織に関わっていた二人の接点には、ヴァチカンの聖なる秘密が見え隠れする。二人の死は禁忌を犯したゆえの「神罰」なのか、それとも…。二千年前にゴルゴタの丘で行われたキリストの磔刑と、三十年前に日本の若者たちを熱狂させた「革命」の凄惨な末路―浅見兄弟は、思想と信仰という、人間の生み出した崇高にして酷薄な怪物に敢然と立ち向かうが。