• ポイントキャンペーン

タンポポの雪が降ってた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048732741
  • NDC分類 913.6

内容説明

乾いてせつない香納諒一の短篇世界。あのときも、こんなふうにして、タンポポの雪が降っていた…甘美な恋の思い出が交錯する表題作ほか、時を悼み、心の詩を奏でる珠玉の全七篇。

著者紹介

香納諒一[カノウリョウイチ]
1963年横浜生まれ。早稲田大学第一文学部卒。91年「ハミングで二番まで」で小説推理新人賞受賞。92年『時よ夜の海に瞑れ』(文庫版『夜の海に瞑れ』)で長篇デビュー。99年『幻の女』で日本推理作家協会賞受賞。『さらば狩人』『春になれば君は』『風よ遙かに叫べ』『梟の拳』『ただ去るが如く』『炎の影』と、多彩な筆致で数々の長篇を上梓している。短篇集には『雨のなかの犬』『深夜にいる』『天使たちの場所』『アウトロー』などがあり、現在もっとも期待される実力派の若手作家の一人