金で買えるアメリカ民主主義

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 445p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047914476
  • NDC分類 302.53
  • Cコード C0398

内容説明

ホワイトハウスに最も嫌われた、伝説の調査報道記者が暴く驚愕の新事実!グレッグ・パラストは「この時代の最も偉大な調査報道記者」(『トリビューン』)であり、四大大陸のジャーナリストたちの間では伝説的存在となっている。パラストは誰の手も借りず、この十年間に起こった最もスキャンダラスなネタをスクープした。

目次

第1章 サイバースペースでの人種差別―報道されなかったフロリダ州での投票工作の全貌
第2章 金で買える民主主義―ブッシュ家の人々と取り巻きの億万長者たち
第3章 カリフォルニア・怒リーミング―電力自由化と電力海賊
第4章 レクサスを売れ、オリーブの木を燃やせ―グローバリゼーションと不満
第5章 アメリカ株式会社の内幕
第6章 パット・ロバートソン、ピノチェト将軍、ペプシコーラと反キリストなどなど―特別調査報告
第7章 スモール・タウン、スモール・マインド
第8章 鞭にキスして―流浪のアメリカ人の回想

著者等紹介

パラスト,グレッグ[パラスト,グレッグ][Palast,Greg]
ロサンジェルス出身。70年代、シカゴ大学でミルトン・フリードマンのゼミに入るが、“新自由主義”経済学者への道に背を向け、企業調査の仕事をはじめる。数々の大企業の横暴を目の当たりにし、調査報道記者に転身。フロリダ州が大統領選でブッシュを勝たせた汚い手口、9・11テロ以前にビンラディン家へ向けられていたFBIの捜査をブッシュがつぶしたやり口、破綻したエンロン社の不正操作、等々、最近のトップニュースを誰よりも早く極秘裏に調査しスクープしている

貝塚泉[カイズカイズミ]
東京都立大学卒

永峯涼[ナガミネリョウ]
上智大学外国語学科卒
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

黒い鱏

1
経済クーデターは恐ろしい。米国、世銀、IMF、WTOがグルになって南アメリカ諸国の奴隷化を進めていたってことだな。TPP批准で日本も悲惨なことになるのは明白だろう。2015/06/05

エヌる@遅れてきたルーキー

0
この手の本はブッシュ・ジュニア大統領の頃によく出てたイメージ(マイケル・ムーアとか)。最近は聞かなくなった気が。今の安倍晋三を巡る状況とこの本の時代は似ているのかも2019/12/12

Akio Kudo

0
★ とにかくカオス。それ以外の表現が見つからない。まるで山師やギャンブル中毒者みたいな話が多く、何の根拠も無い話が多く、信用できない。、2018/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/98525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。