HARTA COMIX<br> ダンジョン飯 〈11〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

HARTA COMIX
ダンジョン飯 〈11〉

  • 九井諒子
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • KADOKAWA(2021/09発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 35pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年11月28日 18時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047366220
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

伝説級のドラゴンを大量に召喚し、絶大な力を見せつける迷宮の主・シスル。
仲間を失い、絶体絶命のライオスは、ありとあらゆる魔物の知識を総動員して
最後の戦いに挑むがーー!?

一方、悪魔を封印するため深層に潜るカナリア隊が
ライオス達のすぐ側まで迫っていた。

人々の欲望渦巻く第11巻!
著者描き下ろしの[モンスターよもやま話]も4ページ収録し、
盛りだくさんの内容でお届けします。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

103
久しぶりのダンジョン飯。冒頭でライオスはシスルの召喚した大量の竜に襲われる。やっぱりダンジョンは竜が王道で似合う。様々なブレス攻撃。更に東洋竜も登場して壮観。実際はパーティはライオス以外が死亡状態で絶望的な訳だが。まさかの生還を果たすライオス。その魔物好きの知識が彼を救ったと言えよう。翼獅子の欲望を食べる姿は抜群の発想だと思う。結果としてシスルはマルシルを蘇生させパーティも復活する。西方エルフ達に追いつかれるパーティ。危機を脱する為にマルシルが翼獅子の封印を解く。果たして次巻はどんな展開となるのだろうか。2021/10/02

Die-Go

99
ダンジョンでただただモンスターを狩り、食すマンガだったはずが、ダンジョンそのものの支配をめぐる壮大な物語へと発展を遂げている。急展開に急展開を重ね、実に読みごたえのあるファンタジーになっている。★★★★☆2021/09/16

buchipanda3

91
ほぼジュラシックパーク状態に放り込まれたライオス。もうこれは絶体絶命と思える展開にハラハラしっ放し。それにしても彼は相変わらず神経が図太いというか無いのでは。そしてとうとう迷宮にかなり大きな動きが。いやあそっちで来たかと。ライオスたち、カブルー、カナリア隊などそれぞれの思惑が錯綜というか噛み合わなくて、ゴタゴタ、ドタバタな上に容赦ないぶつかり合いという感じ。あと前巻で迷宮に呑み込まれた坊ちゃんとかもファリンの件で絡むのだろうか。クライマックスに向かっていると思うが、どう決着を付けるのか先が楽しみ。2021/09/16

こも 零細企業営業

76
ドラゴン達を何とかやり過ごして、狂乱の魔術師シスルを抑え、話し合いと思ったら、、、本のライオンが。。その後はエルフ達が来て、騒動になったら、、魔法で意識をうしなっていたライオスが目を覚ましたら、マルシルが、、、え?マジでどうなるのコレ?あと、ファリンは??放置??2021/09/15

雪紫

68
カブルーをどんどん応援したくなる。食事はあるけど(ババロア美味しそう)翼獅子はぞっとするし、色んな人達の思惑で、物語の雰囲気がぐらついて、ハラハラする。すれ違いの会話に和めるようで怖いし。食事に関することだってすれ違う中、カブルー良く言えたよ!果たせて欲しいわ!2021/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18482344

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。