凹まない―マイナスな心をリセットする「般若心経」のことば

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

凹まない―マイナスな心をリセットする「般若心経」のことば

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2016年12月08日 13時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046017604
  • NDC分類 183.2

内容説明

こだわらない、とらわれない、無理しない―少し疲れたあなたの心ももと通り。「般若心経」全文付。スッキリわかる現代語訳。

目次

第1部 凹んだ心を平らにする「般若心経」のことば(心がやすらかになる「般若心経」;悲しいことも、つらいことも、ずっとはつづかない;素敵な縁が、今日のあなたに ほか)
第2部 あなたが凹まないための23のメッセージ(ついつい凹みがちな自分に気づく;心の穴を埋め戻す;「凸」っと、とがった心も要注意 ほか)
第3部 現代語訳付き「般若心経」全文

著者紹介

名取芳彦[ナトリホウゲン]
江戸川区鹿骨元結(もっとい)不動密蔵院住職。昭和33年(1958)、東京都江戸川区生まれ。大正大学文学部米英文学科卒。昭和59年(1984)、120年間住職不住の密蔵院に入り、自らの形ばかりの僧侶の生活と仕事に疑問を持つ。以後、仏教の意味、僧侶の意味、寺の意味を模索し続ける。真言宗豊山派布教研究所研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人付き合いに凹んでしまったら、「般若心経」のことばに癒されましょう。ありのままに生きることの大切さを教えてくれる「般若心経」。その言葉を味わえば、毎日の暮らしで溜まったストレスがすっと解消し、心が自然と温かくなるはず! 人間臭い動物のイラストにふと笑みがこぼれます

日々の人間関係などでのストレスやお悩みについて、「般若心経」の考え方を踏まえながら、密蔵院住職の名取芳彦さんが、その解決となる心がけを、やさしく語りかけるように説き、固まった心をほぐしていきます。巻末には「般若心経」全文と名取版全訳が付いています。

生き方に決まった「正解」などありません。無理に元気になろうとする必要もないのです。心の“穴”に気づいたなら、気づいた時に、ささっと埋めていけばいいのです。平らな心を一緒に取り戻していきましょう。

[目次]
はじめに――凹んでも、もとに戻るしなやかな心……2

【第1部】凹んだ心を平らにする「般若心経」のことば
●心がやすらかになる「般若心経」……12 ●悲しいことも、つらいことも、ずっとはつづかない……14 ●素敵な縁が、今日のあなたに……16 ●きっと充実した日々がやって来る……18 ●気にしない……20 ●こだわることを、やめてみる……22 ●あなたを待ちうける素敵な出合い……24 ●あなたが生きるのは美しい世界……26 ●すべては、あなたの自由………28 ●今を精いっぱい生きるだけ……30 ●世の中は、あなたしだい……32 ●邪魔していたのは「自分の都合」……34 ●さて、この雨をどうするか?……36 ●心の天気は、自分で晴らせる……38 ●自分の人生に素敵な意味づけを……40 ●あなたは強い力を持っている……42

【第2部】あなたが凹まないための23のメッセージ
≪その1≫ついつい凹みがちな自分に気づく
●ちょっとした「余裕」を持つコツ……48 ●誰にでも、素敵な「第三の自分」がいる……52 ●「緊張」するのは、相手を大切にしている証拠……56 ●「みんな」に好かれる必要ありますか? ……60 ●“自分の心”はリセットできる! ……64

≪その2≫心の穴を埋め戻す
●とことんやって見えてくるもの……70 ●「自慢する人」と「感謝する人」……74 ●大切なのは自己ベストの更新……78 ●お釈迦さまに習う「上手な叱り方」……82 ●「恋」の悩みで自分を磨く……86 ●恋愛の「地獄」は避けられる……90

≪その3≫「凸」っと、とがった心も要注意
●「観自在」の教えで苦手な人とうまくつき合う……96 ●成功した人の「苦労」に注目してみる……100 ●「おかげさま」に気づく心……104 ●「悪口」の上手な扱い方……108 ●人生に「正解」はなく、ただ「縁」がある……112 ●他人を気にしないのは、かえってつらい……116

≪その4≫とらわれない、凹まない
●“初めて”を楽しめる「心の吸水力」……122 ●「苦」のない子育て……126 ●「親のやり方」と「子どものやり方」……130 ●生まれただけで親孝行の八割は終わっている……134 ●“まさか”という坂、“おかげ”という陰……138 ●「如実知自心」で凹まない!……142

【第3部】現代語訳付き「般若心経」全文

おわりに……158

名取 芳彦[ナトリ ホウゲン]
(なとり・ほうげん) 江戸川区鹿骨 元結(もっとい)不動 密蔵院住職。昭和33年(1958)、東京都江戸川区生まれ。大正大学文学部米英文学科卒。真言宗豊山派布教研究所研究員。自坊では、ご詠歌、写仏、法話、読経の会を主催。著書に『気にしない練習』『ためない練習』『般若心経、心の「大そうじ」』(以上、三笠書房)、『感情的にならない生き方』『仏像なぞるだけ練習帖』(以上、PHPエディターズ・グループ)、『心がすっきりかるくなる 般若心経』(永岡書店)など多数。