会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ

電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり

会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046011954
  • NDC分類 159
  • Cコード C2034

内容説明

あなたの口ぐせどおりに、職場や仕事、そして現実、さらには人生が変わっていきます。

目次

第1章 不平・不満・愚痴・泣きごとで弱者を装う 落ちこぼれるしかない人の口ぐせ(「うちの部署では無理」;「どうせ、俺は…」;「俺、辞めるよ」 ほか)
第2章 「ピントのずれた批判」と「360度否定」 結局落ちこぼれる管理職の口ぐせ(「俺が、あいつを育てた」;「君は、わかっていないね」;「最近のうちの社員は…」(自虐編) ほか)
第3章 部下に「見ている」ことをアピールし、素直に喜びを伝える すいすいと出世する人の口ぐせ(「~しようか?」;「それでは、君のよさが消えちゃうよ」;「ありがとうございます」 ほか)

著者紹介

吉田典史[ヨシダノリフミ]
ジャーナリスト。1967年、岐阜県大垣市生まれ。通信社・放送局勤務を経て2006年からフリー。人事・労務を主なテーマに、経済、経営、教育などの分野で取材・執筆を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「社畜になるな」「ウチの部署では無理」「俺は闘ってきた」……。会社で落ちこぼれる人には共通して口にする言葉があり、出世する人には周囲を味方にする言葉がある。会社で生き残る術は口ぐせにあり。