日本企業で本当に役立つマーケティング7つの原則

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

日本企業で本当に役立つマーケティング7つの原則

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 01時48分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046011923
  • NDC分類 675

出版社内容情報

7原則=「SAMURAIモデル」こそ新しいマーケティングの成功方程式!コカ・コーラやプライスウォーターハウスクーパース(PwC)で外資系企業のマーケティングを実行し、また大正製薬やミツカンなどの日本の伝統的な老舗企業でも一貫してマーケティング部門に従事した著者が提示する新しい時代の、日本企業にもっとも適したマーケティング手法!

【著者略歴】近藤隆(こんどう・たかし)……株式会社マルハチ村松企画本部長兼開発本部長。1956年生まれ。1979年、慶應義塾大学商学部を卒業後、日本コカ・コーラ社に入社。1985年、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。1991年より1994年まで、コカ・コーラ米国本社に勤務。同社退社後、2001年より大正製薬、2003年よりミツカン、2007年より世界4大会計事務所のひとつであるプライスウォーターハウスクーパース(PwC)に勤務し、一貫して事業戦略およびマーケティングの分野を歴任。日本コカ・コーラでは缶コーヒー「ジョージア」、果実飲料の「クー」「ミニッツメイド」などの開発を手掛け、ミツカンでは取締役マーケティング本部長として陣頭指揮を執る。2012年よりCMOコンサルティング株式会社代表取締役として、売れる仕組みづくりのための実践的コンサルティングを行い、2015年より株式会社マルハチ村松に勤務している。著書に『時代をつかみ、顧客に応える マーケティング』(KADOKAWA)がある。

はじめに ……2

【第1章】マーケティングの本質 ?マーケティングが日本では根づかない理由
1、マーケティングは輸入品……20
2、「マーケティング=経営」という考え方 ……26
3、ブランドを大切にする外資系マーケティング ……34
4、人材教育に熱心な外資系マーケティング ……48
5、日本の特殊性が外資系マーケティングを阻む ……52
6、日本の老舗企業が展開してきたマーケティング ……58

【第2章】商人道と武士道 ?日本の商売の根底にある知恵と精神
1、江戸時代における商売の知恵 ……64
2、江戸商人たちを支えた商人道 ……84
3、商人道の母体となった武士道 ……90
4、再評価される商人道の価値 ……98

【第3章】SAMURAIモデル ?日本企業で役立つ7つの原則
1、和魂洋才の本質 ……108
2、第1の原則 Sustainability & Story(持続と物語性) ……116
3、第2の原則 Authenticity & Art(本物と芸術性) ……136
4、第3の原則 Material & Monetizing(素材と収益化) ……150
5、第4の原則 Unity & User experience(協調と体験) ……162
6、第5の原則 Royalty & Relevance(忠実と妥当性) ……172
7、第6の原則 Adjustment & Agility(調整と機敏性) ……184
8、第7の原則 Intuition & Integration(直観と統合) ……192

おわりに ……202
参考文献 ……206

近藤 隆[コンドウ タカシ]
株式会社マルハチ村松企画本部長兼開発本部長。1956年生まれ。1979年、慶應義塾大学商学部を卒業後、日本コカ・コーラ社に入社。1985年、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。1991年より1994年まで、コカ・コーラ米国本社に勤務。同社退社後、2001年より大正製薬、2003年よりミツカン、2007年より世界4大会計事務所のひとつであるプライスウォーターハウスクーパース(PwC)に勤務し、一貫して事業戦略およびマーケティングの分野を歴任。