角川文庫<br> つかへい腹黒日記

角川文庫
つかへい腹黒日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 229p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041422113
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kokada_jnet

31
82年初刊、84年文庫。夕刊フジの連載日記を含むエッセイ集。今、読むと悪口芸、本音芸が、ビートたけしの亜流にしか思えず退屈のきわみ。実際は、たけしのほうが、つかの影響をうけているようだが。解説担当の「和気元」という人が誰なのか、わからなかったが。調べてみると、雑誌「新劇」の編集者の人のようだ2019/11/08

どですか寺ん

27
20年振り位の再読。つかさんが蒲田行進曲を書き上げて、直木賞を受賞する迄の日記。つかさんの日記シリーズは昔大好きだった。今読んでも面白い。今の幻冬舎社長見城徹がつかさんにいじめられ、風間杜夫、平田満、柄本明、石丸謙二郎といった面々が登場。しかも嘘ばかり(笑)。後半のはみだしエッセイも嘘ばかり。しかし132ページ、漫才ブームの最中、つか作品からパクられているという読者の質問(これもつかさんの自作自演)に、『漫才ごときにいちいち腹なんか立てられるかよ。オラァ、忙しいんだ。』と答えている。この解答を見て感心した2012/03/02

コジターレ

8
初版刊行が35年前。当時の本を読むと,どうしても懐古趣味に走ってしまう。ただ,それだけでなく,著者の考えから学ぶところが多い。他者に対する愛情を表面的な言葉や態度だけで捉えないことの大切さ,生き方の美学を持つこと,生きていく上での妄想の効能,道を外れることへの寛容性。そういったを自分はどれだけ持つことができているかを考える機会になった。あと,気楽に読めて笑える本だったので,良い気分転換になった。2020/11/19

shun

3
文庫の最後のページに昭和59年10月10日初版発行とあった。大学卒業間際で就職内定していた会社の人事部長が毎週研究室へやってきて、「お昼どうですか」とベンツに乗せられ札幌全日空ホテルの最上階で懐石料理食べさせられた頃だ。大学の卒業論文のための実験にウンザリしていた僕は研究職なんて地味な仕事はできないと考えた。芝居で食えないなら他人を欺き続ける仕事を選ぼう。世の中は「騙すこと」に生きがいを感じる奴と「上手に騙されたい奴」で成り立っている。だから僕でも教師ができるはずだ。つかが僕の一生に与えた影響は大きい。2015/12/06

けいちゃっぷ

3
超真実日記。つまり、ウソ?ほんと?いえいえ、面白ければいいのです。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/51432

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。