MF文庫J<br> ピリオドからはじまる魔導機書(レトヴィワール)

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
ピリオドからはじまる魔導機書(レトヴィワール)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040680170
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

愛を教えてください♪

“未完の魔導機書”と呼ばれる少女――音々子。猫耳尻尾を持つ魔法生物の彼女に真夜は一目惚れをし、出会って即座に結婚を申し込む。『愛』を探し求めていた音々子は、真夜の示す『愛』を受け入れ、二人は恋人同士となった! しかしイチャイチャと恋人生活を送る二人のもとへ、“未完の魔導機書”を求める魔法使い・冷香と兎耳尻尾を持つ魔導機書・ロコが現れる。彼女たちとの出会いによって、音々子の識った『愛』は形を変え――これは、二人が結ばれて終わりではなく、二人が結ばれてからはじまる、新たな恋物語。「教えてください。愛とは、なんですか……?」

内容説明

“未完の魔導機書”と呼ばれる少女―音々子。猫耳尻尾を持つ魔法生物の彼女に真夜は一目惚れをし、出会って即座に結婚を申し込む。『愛』を探し求めていた音々子は、真夜の示す『愛』を受け入れ、二人は恋人同士となった!しかしイチャイチャと恋人生活を送る二人のもとへ、“未完の魔導機書”を求める魔法使い・冷香と兎耳尻尾を持つ魔導機書・ロコが現れる。彼女たちとの出会いによって、音々子の識った『愛』は形を変え―これは、二人が結ばれて終わりではなく、二人が結ばれてからはじまる、新たな恋物語

著者等紹介

水月紗鳥[ミズキサトリ]
第8回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

水無月冬弥

10
水月紗鳥先生(@miduki_satori)の #ラノベ 水月先生の作品らしく凄く甘い話でした。そのぶん、結愛ちゃんが不憫なんですけどね。異能バトルなんですが、魔法の仕組みが今いちわかりづらいのが難点ですね。しかし、冷香は完全に道化師でしたなあ2016/01/28

藤崎

9
「最初からファンディスク」展開に定評のある作者さんの新作。今回のヒロインは白くて黒くてちっちゃくておっきくてオマケにケモミミまで完備の萌え魔導書。そして前作よりはいちゃラブ展開控えめ・・・ええ、糖死確定から寸前くらいにまで。さらにイラストが流石の超絶ハイクオリティで素晴らしい。後最初の方で「このヒロイン一生懸命人外思考アピールしてるけど、どうせ主人公の精神性がさらにイっちゃってるオチなんだろうなぁ」とか思っていたらば案の定で吹いた。今作は愛が一貫したテーマとなるようですし、どんな姿を描いてくれるか期待です2016/01/25

ツバサ

8
イチャイチャ満載の物語でこれからどんな可愛いケモナーが出てくるか楽しみ。先生の前作は読んでないからわからないけど前作より甘さ控えめって前作はどんだけイチャイチャしてんだよ。2016/02/06

真白優樹

7
魔法生物である少女が自らの使い手となる少年と出会い愛を探す物語。・・・愛とは何か。少なくとも少年の愛はどこまでもまっすぐで、どこまでも純粋なのだろう。そしてようこんな凄い先生を起用できたな、これ責任重大じゃ・・・。物語としてはどこまでも甘く熱いイチャイチャがメインとなりつつも、人でなくなってしまう事のシリアスさ、少女を狙う敵との激しい戦いなども見所となっている。・・・愛を知った生まれたばかりの少女と人間ではなくなった少年、彼らはこの先どこへ向かうのか、どんな愛の形を知るのだろうか。 次巻も楽しみである。2016/01/25

524

6
☆5 【甘さは健在だが】図書館で出逢った謎の少女に一目惚れした主人公のファンタジー系甘々ラブコメ。「森羅万象を統べる者(☆6)」の作者の新作ということで、もちろんベタベタ甘々な作品を期待しての購入。作者も甘さ控えめと言っていたが、前作と比べて関係性がまだ浅いので甘さはあるにはあるが足りない。そしてファンタジー要素がなんだかふわふわしててあまり理解できなかった。前作でもそうだったが、ファンタジー要素なしで普通にベタ甘ラブコメにすればいいと思った。【お気に入りキャラ:ロコ】2016/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10125143

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。