花も盛りの88歳!―向島百花園のスーパーレディ一代記

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

花も盛りの88歳!―向島百花園のスーパーレディ一代記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 16時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040667409
  • NDC分類 289.1

内容説明

江戸の粋な風情を残す名勝、向島百花園で戦争、高度経済成長、平成と激動の時代を生きてきた。花と人情に包まれ育った生粋の下町娘がいま辿り着いた素敵な生き方に感動!粋な女の一代記。

目次

第1章 江戸から昭和へ、百花がつなぐ縁―向島百花園の誕生と、祖父が残してくれたこと(向島百花園を開いた初代佐原鞠塢;文化・文政時代。町人の粋な文化が結実した庭に ほか)
第2章 徒然なるままに花園で四季を過ごす―向島百花園で暮らす日々と、寄せる思い(「小町娘」の庭。向島百花園の魅力;植物が元気を与えてくれます ほか)
第3章 私の人生、財産は家族―ありがたくも米寿を迎えて人生の覚え書き(弓道で心身を鍛えた、下町生まれの少女時代;白鬚神社は心のふるさと ほか)
第4章 生きてりゃいろんな発見がある―私を元気にしてくれる大切な宝物(お茶との出会いと、江戸千家のこと;和気藹藹と、お茶会へのご招待 ほか)

著者紹介

佐原洋子[サハラヨウコ]
1926年、東京都墨田区生まれ。1955年ごろから、向島百花園内に茶亭「さはら」を営む一方、御成座敷で行われる句会などの「賄い」を担当する。母は、向島百花園を開いた初代佐原鞠塢から数えて、5代目鞠塢の長女。父は白鬚神社(東京都墨田区)宮司。長年続けている「江戸千家」茶道の先生でもある。向島百花園とともに人生を重ねてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)