週刊朝日ムック<br> 司馬遼太郎と宗教 - 親鸞とザヴィエルの時代

個数:

週刊朝日ムック
司馬遼太郎と宗教 - 親鸞とザヴィエルの時代

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月17日 14時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784022770455
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C9495

出版社内容情報

親鸞、法然、空海、ザビエル、隠れキリシタン……司馬さんの考察と旅の足跡を伝える連載を網羅したうえ、関連の講演録も収録する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もくもく

4
司馬遼太郎の歴史小説をいろいろ読んでいても、そこに特種な宗教観みたいなモノは、あまり感じたことはない。(あえて言えば「無常」みたいなことはあるかな…。) ただ、信仰と生活が密接に結びついていた時代を描くのに、著者として、宗教と民衆との関係については、常に思いを巡らせていたのだろう。 作品の、そこここに描写された「宗教・信仰の姿」に注目しながら再読するのも、面白そうだ。 再録された講演「法然と親鸞」では、司馬流の「浄土信仰についての考察」といった話題が語られていて、これもなかなか興味深かった。2019/01/10

karutaroton

3
司馬さんの経歴もあって、浄土宗、浄土真宗寄りですが、潜伏キリシタンや密教、禅の話もあり。 寺や教会を見るたびに、宗教のパワーを感じ、興味深いですが、この本もその手助けと。2018/06/22

tecchan

2
司馬遼太郎の作品を通して日本人の宗教感、宗教との関わり、我が国の歴史を描いている。キリスト教、親鸞・蓮如、空海などの教え、そして、対馬・壱岐、島原・天草などの紀行文。司馬作品は、読者が、その時代、その土地にいる気持ちにさせてくれる。2017/12/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12390601

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。