朝日新書<br> 知の進化論―百科全書・グーグル・人工知能

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
知の進化論―百科全書・グーグル・人工知能

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月09日 16時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 252p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736901
  • NDC分類 002

内容説明

グーテンベルク・インターネット・人工知能。情報技術の革新は、世界に何をもたらしたか?中世以前、知識とは、特権階級の独占的所有物だった。活版印刷の登場によって万人に開放され始めたそれは、インターネットの誕生で誰にでもタダで手に入るものとなった。そして人工知能の進化が、本質的な変革の時代の到来を告げる…。秘匿から公開へ、有料から無料へ、そして人間からAIへ。「知識の拡散」の果てに、ユートピアは現れるのか?大変化の時代を生き抜く指針を示す、知識と情報の進化論。

目次

第1章 かつて知識は秘密にされていた
第2章 百科事典は知識を万人に開放した
第3章 インターネットで情報発信者が激増した
第4章 検索という方法論
第5章 SNSやキュレイションで情報拡散スタイルが変化
第6章 知識は秘匿すべきか、公開すべきか?
第7章 人工知能の進歩で知識への需要はどう変わるか?

著者紹介

野口悠紀雄[ノグチユキオ]
1940年東京生まれ。東京大学工学部卒業。大蔵省入省。1972年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、現在早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問。専攻はファイナンス理論、日本経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

グーテンベルクの印刷術発明を経て、デジタル化とIT革命、そしてAIの世紀へ。社会変革の正体を読み解き未来への視座を提示する!