朝日新書<br> 年を取るのが楽しくなる教養力

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
年を取るのが楽しくなる教養力

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 05時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736796
  • NDC分類 159

内容説明

教養こそが人生の幸福度を上げる武器。古今東西の賢者に学ぶ「円熟期」の作法!人生90年時代を迎え、問われているのが「余生」の過ごし方。「エネルギー」と「価値観」をギアチェンジして、これからの時間を楽しいことだけで埋め尽くそう。ゲーテが到達した生きることの意味。福沢諭吉の「社交のすすめ」。生まれたからには一度は読みたいドストエフスキー。古典から現代作品まで縦横に参照しながら、先達たちの教訓を学ぶ。あなたの人生後半戦を豊かに彩る教養への招待!

目次

序章 「人生時間」を考える
第1章 趣味を究める
第2章 学びの真髄に触れる
第3章 社会に貢献する
第4章 社交を楽しむ
第5章 孤独と付き合う
第6章 老いや死と向き合う

著者紹介

齋藤孝[サイトウタカシ]
1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。日本語ブームをつくった『声に出して読みたい日本語』(草思社)で毎日出版文化賞特別賞。テレビ・ラジオ・講演等多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】まだまだ働き盛りと思っていても、次第に「老い」や「死」を意識し始める50代。ゲーテ、宮沢賢治、『論語』、『ギリシャ神話』などの文芸作品に導かれながら、人生の後半戦の楽しみ方や、不安を解消するすべなどを説き起こしていく。

齋藤孝[サイトウタカシ]