朝日新書<br> 日本哲学のチカラ―古事記から村上春樹まで

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
日本哲学のチカラ―古事記から村上春樹まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 19時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 213p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735362
  • NDC分類 121.02

内容説明

ベストセラー『7日間で突然頭がよくなる本』の著者による、はじめてのニッポン論。古代の神話や仏教、儒学、武士道から国学、さらには福澤諭吉らによる啓蒙書さえも「日本哲学である」と定義する。1500年にもおよぶ日本思想の遺伝子的深層を新視点から読み解く最新の入門書。

目次

第1章 日本哲学の始まり―神話と仏教
第2章 日本の美学―武士道と儒学
第3章 再び神を求めた日本人―国学と幕末の思想
第4章 西洋のニッポンの始まり―啓蒙思想とナショナリズム
第5章 普遍性を目指した日本哲学―京都学派とその時代の哲学
第6章 アメリカの日本から世界の日本へ―戦後民主主義と現代思想
第7章 ニッポンのカタチ―OTAGAISAMAの国として

著者紹介

小川仁志[オガワヒトシ]
1970年京都市生まれ。哲学者。徳山工業高等専門学校准教授。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事、フリーター、名古屋市役所職員を経て、名古屋市立大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、博士(人間文化)。専門は公共哲学及び政治哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【哲学/哲学】神話も仏教も儒教も、武士道も国学も日本哲学!西田幾多郎の京都学派はもちろん、吉本隆明や東浩紀までも網羅し、日本思想の遺伝子的深層を、大胆に読み解く最新の入門書。3.11後のグローバル社会をよりよく生きる哲学的提言も。