朝日新書<br> 「俺は聞いてない!」と怒りだす人たち

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
「俺は聞いてない!」と怒りだす人たち

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月06日 23時07分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 227p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734792
  • NDC分類 336.4

内容説明

報告したのに、「私は知らない」とゴネる。「あとは任せる」と言ったのにハシゴをはずす。なぜ、エラい人は、「俺は聞いてない!」と怒りだすのか。本書は、そのひと言を発する心のメカニズムから、背後にある「日本的組織」の曖昧さ、権力構造のカラクリまでを徹底的に解剖する。

目次

第1章 なぜ、「俺は聞いてない!」と怒りだすのか?(そのひと言で、すべてが止まる;存在感をアピールしたい上司の心理 ほか)
第2章 「俺は聞いてない!」に潜むメンツと甘えの心理(「俺は聞いてない!」が生みだされてしまう土壌;上司の「甘え心理」を踏まえておく ほか)
第3章 不安をあおる企業社会のカラクリ(責任の分散体質;責任の分散による無責任 ほか)
第4章 日本社会と権力の曖昧構造(権力構造が見えない「状況依存社会」の日本;影響力の5つの基盤 ほか)
第5章 「俺は聞いてない!」の末路と日本の未来(これからの日本の「事なかれ主義」の行方;タテ意識の薄れは、サラリーマン社会に風穴を開けるか? ほか)

著者紹介

榎本博明[エノモトヒロアキ]
心理学博士。1955年東京生まれ。東京大学教育心理学科卒。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。大阪大学大学院助教授などを歴任後、現在、MP人間科学研究所代表。心理学をベースにした企業研修・教育講演などを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「俺は聞いてない」「私はそんなこと知らないぞ」――上司や取引先の人にこう言われて、困った覚えのある人は多いはずだ。昨年の東日本大震災の福島原発の有事でも、当時の首相・管直人氏が「俺は聞いてない!」といって、東電の現場を混乱させたという話がまことしやかに伝わってきている。この「俺は聞いてない」発言の裏にある心理状況や、そういった「知りたがる」人たちの「聞いた・聞いてない」の裏にある「メンツ」、さらには「セクショリズム」などの日本の企業社会に潜む問題にも焦点をあてる。本書は、「俺は聞いてない!」という人たちの心理状況から、日本企業の権力構図までを徹底的に解剖する!