朝日新書<br> 第二のフクシマ、日本滅亡

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
第二のフクシマ、日本滅亡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 297p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734396
  • NDC分類 543.5

内容説明

福島第一原発事故の結末はまだ見えない。放出され続ける放射能は天文学的な量だ。「次」が起これば、この国は死に至る…。日本人が生き残るために、何を第一になすべきか。原発震災の恐怖を訴え続ける著者は、六ヶ所再処理工場の即時閉鎖と全原発の廃炉断行を求める。

目次

序章 次の大事故が迫っている
第1章 六ヶ所再処理工場の即時閉鎖
第2章 全土の原発の廃炉断行と使用済み核燃料の厳重保管
第3章 汚染食品の流通阻止のためのベクレル表示義務づけ
第4章 汚染土壌・汚染瓦礫・焼却灰の厳重保管
第5章 東京電力処分とエネルギー問題
第6章 原発廃止後の原発自治体の保護

著者紹介

広瀬隆[ヒロセタカシ]
1943年東京生まれ。早稲田大学卒業後、大手メーカーの技術者を経て執筆活動に入る。『危険な話』『原子炉時限爆弾』などで一貫して反原発の論陣を展開。各地で反原発の講演活動を精力的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)