朝日新書<br> 糖尿病に克つ新薬最前線

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
糖尿病に克つ新薬最前線

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733306
  • NDC分類 493.12

内容説明

えっ!糖尿病は“治る”!?新世代のクス、ぞくぞく登場ガラリと変わる患者学。

目次

日本人の糖尿病の特徴と病因
きめ細かい糖尿病医療が合併症を防ぐ
従来の糖尿病治療法
従来療法の限界
欠点を解決した「インクレチン」
GLP‐1の膵臓に対する作用
DPP4阻害薬はGLP‐1を長もちさせる
DPP4阻害剤に期待される臨床的特徴
GLP‐1注射製剤は欧米ですでに発売日本でも!
「糖尿病よ、さよなら」か?
GLP‐1を超えるかもしれない新薬が待機

著者紹介

鈴木吉彦[スズキヨシヒコ]
1957年、山形県生まれ。日本医科大学客員教授、HDCアトラスクリニック院長。博士(医学)。糖尿病学会認定専門医。慶應大学医学部卒。東京女子医大糖尿病センター研究員、国立栄養研究所客員研究員などを歴任。糖尿病治療で著名な東京済生会中央病院で数千人の糖痘病患者治療をしたトップクラスの専門医。通院糖尿病患者特別ドックを発案、最先端のGLP‐1治療に詳しい。47年間、人間ドックを実施してきた保健同人診療所での経営経験を背景に、2010年4月、糖尿病の専門的なHDCアトラスクリニックを都心に開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)