朝日新書<br> 「健康格差社会」を生き抜く

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
「健康格差社会」を生き抜く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 250p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733177
  • NDC分類 498

内容説明

「所得の格差」が「いのちの格差」まで生む「健康格差社会」。高齢男性の低所得者は「うつが7倍」「死亡率が3倍高い」のはなぜ?それだけではない。「負け組」だけでなく、「勝ち組」さえも病んでゆく。だれもが不健康になっていくのが、「健康格差社会」のほんとうの恐さ!米国に追随し、日本もそうなりはてるのか。処方箋はないのか。

目次

第1部 「健康格差社会」の現実(「健康格差社会」日本;なぜ「健康格差」を問題にするのか)
第2部 「健康格差社会」発生のメカニズム(「見かけ上の関係」か?;なぜ健康格差は生まれるのか;社会疫学とは何か;格差拡大は国民を不健康にする)
第3部 「健康格差社会」を生き抜くために(「健康格差社会」を生き抜く;一人の力で生き抜けるか;健康によい社会を考える;本書で伝えたかったこと―「well-beingな社会」を目指して)

著者紹介

近藤克則[コンドウカツノリ]
1959年、愛知県生まれ。千葉大学医学部卒。日本福祉大学教授、同大健康社会研究センター長。日本リハビリテーション医学会専門医、博士(医学)、博士(社会福祉学)。著書に『健康格差社会―何が心と健康を蝕むのか』(社会政策学会奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)