朝日新書<br> 早わかりサブプライム不況―「100年に一度」の金融危機の構造と実相

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
早わかりサブプライム不況―「100年に一度」の金融危機の構造と実相

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732552
  • NDC分類 338.9

内容説明

米国が震源地で「100年に一度」といわれる金融危機は、株大暴落を経て世界同時不況に発展しようとしている。危機が増殖していた時も、市場がパニックに陥った時も、常に日本マネーが狙われたのはなぜか。気鋭の証券アナリストが未曽有の危機の全貌をわかりやすく解説した決定版。

目次

第1章 世界一簡単に「サブプライム問題」を解説する
第2章 「金詰まり」のマグマが蓄積された
第3章 なぜリーマン・ブラザーズは破綻したのか
第4章 世界同時不況で起こること
第5章 世界は米国のために動いている?
第6章 日本はどこへ行く

著者紹介

中空麻奈[ナカゾラマナ]
BNPパリバ証券クレジット調査部長。1991年、慶応義塾大学経済学部を卒業。野村総合研究所に入社し、米国経済担当のエコノミストに。97年、野村アセットマネジメントに転籍してクレジットアナリスト。その後、モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月から現職。金融・事業法人全般をカバーしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)