朝日新書<br> 「民」富論―誰もが豊かになれる経済学

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
「民」富論―誰もが豊かになれる経済学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 229,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731951
  • NDC分類 331

内容説明

なぜ、現代日本では、景気拡大と不況が同時進行するのか。いくらがんばって貯蓄し倹約しても、どうして、日本の消費者は「よい暮らし」ができないのか。従来の経済学の教科書では、この難問は永遠に解けない。東京大学理学部出身の異色エンジニアがたどりついた、真に「日本の国民」の役に立つ「超・経済学」とは―。

目次

序章 財政赤字は国民への贈与になる
第1章 景気拡大と同時進行した不況
第2章 社会全体では「節約はできないが贅沢はできる」
第3章 全員は儲からない(金持ちが儲けるのは貧乏人のおかげ)
第4章 国内総生産は多ければ良いというものではない
第5章 企業利益の一部は公のカネである
第6章 高い国産品の代わりに安い輸入品を買うと国民の収入が減る
第7章 グローバル化による生産性向上が格差を広げる
第8章 グローバル化にどう対応するか
終章 経済学というミステリー

著者紹介

堂免信義[ドウメンシンギ]
1935年東京生まれ。東京大学理学部卒。大手電機メーカーのソフト部門で初期のコンピューターのシステム開発に従事したのち、金融機関のオンラインシステム構築に参画。社内研究所長として、情報処理学会理事やファジィ学会副会長など歴任。退職後、独学で経済学を研究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大不況下で300兆円も個人金融資産が急増し、景気拡大なのに国民にまったく好況感がない――。ミステリーだらけの日本経済の謎を、奇想天外の「超・経済学」の観点で解明。「投資が貯蓄を生む」「倹約や貯蓄は日本をダメにする」「財政赤字は国民への贈与だ」――。ITメーカーの元技師長が日本人に問う「問題の書」。