朝日文庫
海人と天皇―日本とは何か〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 370p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784022646200
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0195

内容説明

女帝の皇統の永久化を目論む持統天皇。その野心につけ込んだ藤原不比等は、養老律令を恣意的に改竄し、天皇家から絶大な信頼を得る。しかし、そこには藤原家が独裁的な権力を発揮できる仕組みが巧妙に隠されていた。自らの死後をも見据えた不比等の野望は実を結ぶのか―。

目次

第1章 七世紀から九世紀の日本
第2章 憲法十七条
第3章 恒久の宮
第4章 藤原不比等
第5章 律令を読む
第6章 推古天皇と皇極天皇―女帝の登場
第7章 持統天皇―神と一体化した女帝
第8章 元明天皇と元正天皇―皇統を守った母娘

著者等紹介

梅原猛[ウメハラタケシ]
1925年宮城県生まれ。京都大学文学部哲学科卒。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター顧問。日本ペンクラブ会長も務めた。仏教伝道文化賞、NHK放送文化賞などを受賞。文化勲章受章。著書に、『隠された十字架 法隆寺論』(毎日出版文化賞)、『水底の歌』(大佛次郎賞)、『ヤマトタケル』(大谷竹次郎賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

〈中〉

〈下〉