• ポイントキャンペーン

朝日選書
土地の値段はこう決まる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022598707
  • NDC分類 334.6
  • Cコード C0333

内容説明

「地価は5年でいまの半値になる!」土地バブル最盛の1980年代にこう予言した著者は、25年来、不動産鑑定の立場から地価の動きに深くかかわってきた。いま、東京都心の一部の地域で地価の上昇が伝えられるが、それは再開発などの影響によるもので、需給の変化による本質的なものではない。したがっていずれは「ミニバブル崩壊」を起こして終息する、という。市場経済の大前提「一物一価」が成り立たず、需給の関係以外の要素が価格決定に大きな影響を与える、土地という特殊な商品。その価格は、どのような制度や思惑や力関係によって決まるのだろうか。

目次

1 下落しつづける地価
2 地価値下がりで困るのはだれか
3 バブル時代の銀行、鑑定士
4 土地の値段の決まり方
5 不動産鑑定士とは何者か
6 競売市場
7 不動産鑑定業のあるべき姿とは―創業者の体験から

著者等紹介

井上明義[イノウエアキヨシ]
1937年生まれ。学習院大学政経学部卒業。日本生命、ミサワホームを経て、1980年三友システム住宅融資(現三友システムアプレイザル)設立。以来代表取締役。「嘱託鑑定士制度」「効率鑑定書」などの新しいシステムを不動産鑑定業界に導入し、「業界を変えた」と言われる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひとまろ

0
2005年の刊行書籍。 不動産鑑定業界に新風を起こした人物が著者。 嘱託不動産鑑定士というシステムを 全国に構築し古参鑑定士との軋轢にも 負けず業界に新しい風を吹きこんだ。 こういう新しい仕組みって思わぬところから 発生するもんなんだよね。 著者も鑑定業界出身者でないらしく 他業界からの参入であるからこそ 新しい取り組みが出来るのだと思う。 2012/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1215460

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。