岩波文庫青930-1<br> 科学的宇宙観の変遷

個数:

岩波文庫青930-1
科学的宇宙観の変遷

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003393017
  • Cコード C0144

出版社内容情報

北欧の科学者アーレニウス(1859‐1927)は,宇宙の創造・生成・進化・滅亡等に関する人間の観念が,諸種の原始民族の間に発生し成長し,幾多の紆余曲折をへて今日にいたる宿命的経路を,文学的にしかも科学的に克明に展開してくれる.北欧の神話,インドの伝説,日本の物語等の詩文にはじまり,近代の天文学的宇宙論にいたる科学史である.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ダージリン

0
物理化学の分野で偉大な業績を上げたアーレニウスの著作で翻訳者が寺田寅彦という贅沢さ。古代の宇宙観から、時代を下ってどの様な変化があったかを語っていく。科学史の本で太陽の燃料は何かが謎だったという記載は良く見るが、そのこともテーマの一つになっている。これが書かれた時点では核融合は知られていないが、核分裂で大きなエネルギーが生まれることは明らかになっており、何らかの核エネルギーを想像していたことは窺える。それにしても古い時代は宇宙観と科学観、宗教観が近接しており、ここに文明の特色が如実に表れるように思う。2018/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1117758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。