岩波ブックレット<br> 検証 大阪の教育改革―いま、何が起こっているのか

個数:

岩波ブックレット
検証 大阪の教育改革―いま、何が起こっているのか

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 63p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002708331
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C0336

出版社内容情報

大阪維新の会が府議会に提出した「教育基本条例案」「職員基本条例案」のトップダウン的手法や教育現場への介入の姿勢が,批判にさらされている.なぜこのような改革案が登場するのか,教育改革の世界的なトレンドについても概観しつつ,真に「格差を超える教育」を実現するためには何が必要かを考える.

内容説明

大阪維新の会が府議会に提出した「教育基本条例案」の何が問題なのか。それが登場してきた思想的・現実的な背景とは。教育改革の世界的な動向について概観しつつ、条例を批判的に読み解き、真の「格差を超える教育」を考える。

目次

プロローグ 大阪で何が起こりつつあるか
1 PISA以降の世界、全国テスト以降の日本(PISA以降の世界の学力秩序;新自由主義の強まり ほか)
2 橋下知事時代の大阪の教育(大阪人として;氏のスタイル ほか)
3 教育基本条例をめぐる攻防(二条例案の提出とその波紋;条例案に対する評価 ほか)
4 大阪の教育の革新のために(大阪の教育のよいところ;「力のある学校」のスクールバスモデル ほか)

著者等紹介

志水宏吉[シミズコウキチ]
1959年兵庫県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(教育学博士)。東京大学教育学部助教授を経て、大阪大学大学院人間科学研究科教授。専攻は、学校臨床学、教育社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。