思考のフロンティア<br> ナショナリズム

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

思考のフロンティア
ナショナリズム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 161p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000264365
  • NDC分類 311.3
  • Cコード C0310

出版社内容情報

この奇怪なる現象の本質とはなにか.近代日本におけるその観念の変遷を,「「国体」ナショナリズム」という視座から明らかにし,現在のグローバル化の地政学的な変容のただ中における,その不気味な実在感の意味を考える.

内容説明

ナショナリズム―この奇怪なる現象の本質とはなにか。われわれを魅惑するその不可思議な力は、どこに宿るのだろうか。近代日本における、この観念の思想史的な系譜と変遷を「国体」ナショナリズムという視座から明らかにし、現在のグローバル化がもたらす地政学的な変容のただ中において、新たなる秩序構想にむけたナショナリズムの脱構築がもたらす可能性について考える。

目次

1 ナショナリズムの近代
2 「国体」ナショナリズムの思想とその変容(基本的な視座;「国体」思想のアルケオロジー;「国体」の近代;「国体」の弁証法;戦後「国体」のパラドクス)
3 基本文献案内

著者等紹介

姜尚中[カンサンジュン]
1950年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。専攻は、政治学・政治思想史。現在、東京大学社会情報研究所教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遠山太郎

3
1)p1ボブズボーム「1780年以後のネイションとナショナリズム、そのプログラム,神話,現実」p4 橋川文三 「ナショナリズムーその神話と論理」p28 リービ英雄「日本語を書く部屋」p32 網野善彦「「日本」とは何か」p63 西周「兵家徳行」山縣・西「軍人訓戒」ー『誠心』p70 丸山眞男「政事の構造」12巻p74 竹山昭子「戦時下のラジオ講演」『年報 近代日本研究』12 ー「天皇に関するキーシンボル」上位11種は「ほぼ国体語」p81 北一輝『国体論及び純正社会主義』262頁ー「穂積博士」「東洋の土人部族」2014/03/06

あなた

2
要点はひとつ。ナショナリズムは、モジュールであるということ。ナショナリズムは可変性があり、伝染性もあり、かつそれでいながらも内実は空白であるということ。この内実がからっぽというのが非常に肝心。だからこそ、意味の充填=補填は永遠に続くのである。ナショナリズムに果てはない。てんぷらと皇居の中心はからっぽといったのはロラン・バルト。2009/07/04

りり課長

0
95P 短い本ではあるが大変硬質な批判的思考に感銘。 2001年発行でやや古くはあるが、現今の混迷に対し予言的でもある。 良書である。2013/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/475874

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。