カラダの声をきく健康学

個数:

カラダの声をきく健康学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000258098
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0047

出版社内容情報

「肩が凝ってますね」と人から言われるまで肩凝りに気づかない,長い間便秘が続いている,冷え症で体が冷たく固まっている,ヒマがあるとインターネットで最新の健康法を探してしまう……,こんな症状が当てはまる場合は要注意です.のんびりとあくびでもしながら読んでください。

内容説明

「肩が凝ってますね」と人からいわれるまで気づかない、長い間便秘が続いている、体が冷たくて固い、ヒマがあると何時間もネットで最新の健康情報を探してしまう…、こんな症状は要注意。頭でっかちにならずに、内なる体の声に耳を傾けて体の元気を取り戻してみませんか。のんびりとあくびでもしながら読んでください。

目次

第1章 緊張と我慢が体の声を遠ざける
第2章 声を発するのは、体の中の「ご先祖さま」
第3章 体の声を遠のける、現代特有のストレス
第4章 暴走する新しい脳、抑え込まれる古い脳
第5章 現代社会が抱える「居着きの構造」
最終章 体の声をきくために 実践編

著者等紹介

北村昌陽[キタムラマサヒ]
1963年北海道生まれ。91年、京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。92年、日経BP社入社、日経メディカル編集部を経て、2000年より日経ヘルス編集部副編集長、ダイエット、エクササイズ、メンタルヘルス等の特集や連載を担当。2009年退社、現在、フリーランスライター/エディターとして活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hundredpink

26
存外、本格的にカラダの声について科学的に検証考察した本だった。2016/06/26

nizimasu

6
表紙にあるようにあくびって、体がリラックスしたいというシグナルだったりする。それがかつての人間は常に聞こえていたようだが、忙しい現代人はシグナルをスルーするようになっているらしい。この指摘は過去に養老先生や三木成夫先生の説を著者がより最近の医療情報を元に検証しているような内容で、かなり興味深い。脳と腸、この組織が生命として様々なシグナルを発している。それが社会に必ずしも適合しない場合もあるが健やかに生きていくという点においては、瞑想やコンディションの点々観測などからできることは多い。実に今の社会は体に悪い2015/04/02

耐える男

4
脳幹、大脳辺縁系に代表される「古い脳」が発する「声」を、理性・論理性を司る大脳新皮質に代表される「新しい脳」が抑えつける、あるいは無視することで体の健康状態に目がいかなくなることの弊害を説いた本。進化の過程で人間のみが得た機能(論理的思考、発話、認識のための視覚など)が健康を脅かすというのは新鮮な視点。あれこれ思案して運動能力が下がる「居着き」の概念も面白い。2015/04/07

takexi

1
最近肩こりとかが酷いので、整体とかに行きつつ、知識として読んでみた。なかなか面白かった。ランニングは毎週末やってるので、ここで参考となっていた書籍は読んでみる。あと「居着き」の話からのストレスとの関連についても興味深かった。2012/05/06

絵美

0
分かりやすくてサーーーっと読めた! 自分カラダの本当の声に耳を傾けよう!2021/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3166005

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。