• ポイントキャンペーン

がん患者とともに―死の臨床を考える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000224253
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0095

内容説明

著者は外科医として多くの患者の生と死を見つめてきた。その経験を通して、がんの告知、医者と患者との関係のあり方、終末期の医療の問題、医者の心がけなどをやさしく語る。人間として患者に関わる一つ一つのエピソードから、あらためて人間の生死のありようを考え、生への希望をもちつづける患者の力に強く励まされる。

目次

1 緩和医療との出会い(はじめての医療;外科を選んだわけ;外科医の幸せ ほか)
2 医師と患者の信頼関係(「家族が反対するから」と言うけれど;がんの告知は「愛の告白」と同じ;がん告知のタイミング ほか)
3 緩和医療の現場から(緩和医療の役割;初診から最期まで;病室で患者とビールを飲む ほか)

著者等紹介

堀泰祐[ホリタイスケ]
1951年生まれ。京都大学医学部卒業。外科医。京都警察病院外科科長。専門は乳腺外科、消化器外科、ターミナル・ケア。NPO「Re vid」(乳がん患者支援組織)理事長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

外科医として多くの患者の生と死を見つめてきた経験を通して,がんの告知,医者・患者関係のあり方,終末期の医療問題,医者の心がけをやさしく語る.人間の生と死のありようを考え,生への希望をもちつづける患者に励まされる.